2016年08月26日

リーチ代走であがり牌をツモ切ってしまった場合

先日、メンチンテンパイでのリーチ代走に関して、考えを書いてみました。

メンチンテンパイでのリーチ代走について

過去、いろいろな件で、何度か炎上しているんで、
恐々書いたんですが、炎上した形跡はありませんでした。
ホッとしました。
でも、普段の3倍以上アクセスがあったんで、読んではもらえたのかとは思います。

以前、以下のようなツイートがいろいろな方にリプやリツイートされていました。

現状トップで、あがれば、お店で定めた点数により、終了の手牌をテンパった。
リーチして、トイレ代走を頼んだ。
メンバーがあがり牌をツモ切ってしまった。
(見逃してしまっただったかもしれません。)
その後、追いかけリーチが入って、振り込みになった。
一気にラス落ちした。
(3着だったかもしれません。)
で、そのままゲーム終了。
ゲーム終了後、お店に苦情を言った。
謝罪はされたものの、代走時のミスに対する補償はしていないとの説明をされた。
みたいなツイートでした。

それに対する意見は真っ二つ。
1.失敗するリスクなども承知の上で代走を頼むんだから、そんなの補償される訳ないだろ。
誰でも失敗はあるんだから。
2.あまりにも可哀想すぎる。補償してやれ、とか、そんな店行くな。
みたいな感じ。

雀荘関係者は、1のスタンスが多かったような気がします。
お客様は、1のスタンスの方も一定以上いるものの、2のスタンスの方の方が多かったような気がします。
すべてのリプやリツイートを追えた訳ではないんで、この比率は違うかもしれません。

最初に、僕の考えを書いておきます。
ご存じの通り、私は雀荘関係者ですが、これは補償すると思います。

以下、考えを書きます。

まず、失敗は誰でもします。
お客様も失敗することがあるでしょうし、従業員も失敗します。
お客様側が代走時に失敗を受け入れる必要があるか無いかと言われれば、受け入れる必要はあると思います。

ただ、あがり牌をツモ切ってしまうって、
通常考えられる失敗なのかと思います。
少なくとも、僕は、遊図を4年以上やってきて、記憶の限り、したことはないと思います。
それくらい、レアなケースだと思います。
もちろん、未来永劫やらないと言っている訳ではないですよ。やっちゃうかもしれない。
でも、まあ、通常考えられないくらいレアなケースだと思います。

お客様に失敗を受け入れてもらう必要はあると思いますが、通常考えられない失敗まで受け入れてもらうことは、無理があるんじゃないかなと思います。

確かに、ターツ選択をミスしたとか、仕掛けをケアせず振り込んだとか、リーチに振り込んだとか、こういった失敗やミスは考えられると思いますが、さすがにあがり牌をツモ切るという行為を受け入れてもらうのは難しいのではないかなと思います。

じゃあ、通常考えられる失敗かどうかはどこで線引きするのと言われると難しいですが、あがり牌ツモ切りは、線引きが微妙なケースではないと思います。

ただ、他のお客様の手前、一旦は精算してもらって、後で、奥に呼んで、お詫びとともに補償すると思います。

ただ、今回のケース、そのままラス落ち(3着かな)したんで、補償が分かりやすいですが、
例えば、そのまま続行になって、トップを死守したとかいう場合は、お詫びですましちゃうと思います。
そこは、僕の甘えかな。

あと、(お客様に補償した場合、)従業員にそれを補てんさせるかという議論もありましたが、
僕は補てんはさせません。
そういうレベルの従業員を雇った、
そういうレベルの従業員に代走をさせた、
ということに責任はあるでしょうから。

「おめー、あれはねーよ。」くらいの嫌味で終わるなかな?
複数回起こったら、「この仕事、向いてないんじゃね?」って言うと思いますが。

なんで今頃、書いてんのと言われるかもしれません。
まあ、炎上が怖かったんですよね。
先日のが炎上しなかったんで、書いてみました。

Twitter登録は、以下からお願いします。



人気ブログランキングに登録しています。ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。

麻雀 ブログランキングへ
















posted by トンキチ at 16:04| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

メンチンテンパイでのリーチ代走について

「場末雀荘のオヤジが何言ってんじゃ、オラー。」
とか言われそうですが、ブログに意見を書いてみます。

Twitter等で、
雀荘の代走時のトラブルや不満がツイートされていることを時折見ます。

昨日、見たのは、以下のようなもの。

同卓者が代走を頼んだ。
その同卓者は、メンチンでテンパイしたようであった。
待ちが分からず、代走を頼んだようであった。
(トイレに行ったり、電話をしたりということもなく)そのメンバーの後ろで見ていた。
そのハンチャンが終わった後、その店の責任者に「あのような代走はありなのか?」
と聞いたら、「無しとは言えないなあ。ありかなあ。」と言われた。
その判断、返答は、おかしくねーか?
というようなツイートでした。

で、そのリプとして、
やっぱりルール表に「メンチンやフリテンでの代走はダメ」って書かないといけないだろ
というような流れになってました。

最初に僕の考えを書きますが、その責任者の回答と同じようなことを言うと思います。
(また、現在の考えでは)ルール化するのも難しいかなと思います。
以下、考えを書きます。

ルール表に「メンチンやフリテンでの代走はダメ」って書くかどうかってことについてです。

まず、お店としては、書きたい訳です。
実際、そういったケースでの代走は受けたくないですから。
でも、書いてない店も多い。書いている雀荘もあります。
じゃあ、なんで、書きたいのに書いてない店が少なくないのかと。

逆に、「メンチンやフリテンでの代走はダメ」って書いてあったとします。
その場合で、
お客さんからメンチンのリーチ代走を頼まれたとします。
代走に入ろうとした時に従業員が気づいたとします。
ルール表に記載している禁止行為ですから、
「お客様、こういったケースの代走は、当店では禁止しています。」
とせざるを得ません。
そうなると、手牌が透けます。
ですので、禁止行為とまでするのは、難しいものがあります。

メンチンでリーチ代走という禁止行為をしようとしたんだから、
手牌が透けるという損失を受けても、自己責任じゃないかという考え方もあり得ますが、
手牌が透けたリーチ者以外の同卓者の損得が一定でない以上、手牌を透けさせるべきではないかなと思います。

じゃあ、ワンランク下げて、マナーとかの部分に書けば良いじゃないかという話になりますが、
マナー違反を店として認めて、代走に入るというのは、やはり難しい。

であれば、精々書けたとしても、「お店からのお願い」くらいのトーンなのかなと。
「メンチンやフリテンでのリーチ代走はご遠慮ください。」くらいが精々かなと。
でも、これはルールではなく、してくれたらありがたいという程度のお店からのお願いというスタンスにならざるを得ないのかなと思います。
お願いというレベルの話なんで、
やはりリーチ代走を頼まれたら、一旦は受けざるを得ないかなと。

終わった後、できればこういった代走は勘弁してというお願いはしますがね。

言い訳がましいですかね。
スパッと禁止行為にして、代走を受けない方が良いですかね?

正直なところ、
店としても困る行為なんで、こうしたら良いという方法あれば、教えてください。
良い案があれば、考え方を変えます。

あと、禁止行為ってルール表に書いてある店で、
そういったリーチ代走を頼まれたら、
お店側はどういう対応をしているのか、聞いてみたいです。
手牌透けても、「禁止行為です。」と言って受けないのか、
それとも、渋で受けて、後で注意するのか、など聞いてみたいです。

Twitter登録は、以下からお願いします。



人気ブログランキングに登録しています。ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。

麻雀 ブログランキングへ
















posted by トンキチ at 21:19| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

学生対象 フリー 一部無料化について(条件あり)【再録】

学生対象 フリー 一部無料化について(条件あり)

3月頃、上のリンクのような記事をアップしました。

今でも、やってますんで、ご利用ください。

学生限定で
諸条件ありますが、
無料で遊戯できるんで、是非!

条件を再録します。以下の通りです。
1.大学生、専門学校生、大学院生
2.遊図のオーナー、澤田とラインで友だちになる。
(来店時、お声掛けいただくか、ブログのコメント欄やツイッターのDMにて連絡ください。)
3.澤田が、ライン内のグループ(遊図フリーに集う学生たち(仮称))に招待するので、グループに入る。
4.開店(平日13時、土日祝日11時)の1時間前までに、グループ内にて、本日行きますと宣言する。各日、先着1名限定。
5.開店から30分以内に来店する。
6.半荘7回以上、遊戯する。
7.無料の学生のお客様が席を譲らないと、お待ちのお客様をご案内できない場合、席を譲っていただくことがあります。

Twitter登録は、以下からお願いします。



人気ブログランキングに登録しています。ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。

麻雀 ブログランキングへ
















posted by トンキチ at 15:56| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする