2016年08月24日

メンチンテンパイでのリーチ代走について

「場末雀荘のオヤジが何言ってんじゃ、オラー。」
とか言われそうですが、ブログに意見を書いてみます。

Twitter等で、
雀荘の代走時のトラブルや不満がツイートされていることを時折見ます。

昨日、見たのは、以下のようなもの。

同卓者が代走を頼んだ。
その同卓者は、メンチンでテンパイしたようであった。
待ちが分からず、代走を頼んだようであった。
(トイレに行ったり、電話をしたりということもなく)そのメンバーの後ろで見ていた。
そのハンチャンが終わった後、その店の責任者に「あのような代走はありなのか?」
と聞いたら、「無しとは言えないなあ。ありかなあ。」と言われた。
その判断、返答は、おかしくねーか?
というようなツイートでした。

で、そのリプとして、
やっぱりルール表に「メンチンやフリテンでの代走はダメ」って書かないといけないだろ
というような流れになってました。

最初に僕の考えを書きますが、その責任者の回答と同じようなことを言うと思います。
(また、現在の考えでは)ルール化するのも難しいかなと思います。
以下、考えを書きます。

ルール表に「メンチンやフリテンでの代走はダメ」って書くかどうかってことについてです。

まず、お店としては、書きたい訳です。
実際、そういったケースでの代走は受けたくないですから。
でも、書いてない店も多い。書いている雀荘もあります。
じゃあ、なんで、書きたいのに書いてない店が少なくないのかと。

逆に、「メンチンやフリテンでの代走はダメ」って書いてあったとします。
その場合で、
お客さんからメンチンのリーチ代走を頼まれたとします。
代走に入ろうとした時に従業員が気づいたとします。
ルール表に記載している禁止行為ですから、
「お客様、こういったケースの代走は、当店では禁止しています。」
とせざるを得ません。
そうなると、手牌が透けます。
ですので、禁止行為とまでするのは、難しいものがあります。

メンチンでリーチ代走という禁止行為をしようとしたんだから、
手牌が透けるという損失を受けても、自己責任じゃないかという考え方もあり得ますが、
手牌が透けたリーチ者以外の同卓者の損得が一定でない以上、手牌を透けさせるべきではないかなと思います。

じゃあ、ワンランク下げて、マナーとかの部分に書けば良いじゃないかという話になりますが、
マナー違反を店として認めて、代走に入るというのは、やはり難しい。

であれば、精々書けたとしても、「お店からのお願い」くらいのトーンなのかなと。
「メンチンやフリテンでのリーチ代走はご遠慮ください。」くらいが精々かなと。
でも、これはルールではなく、してくれたらありがたいという程度のお店からのお願いというスタンスにならざるを得ないのかなと思います。
お願いというレベルの話なんで、
やはりリーチ代走を頼まれたら、一旦は受けざるを得ないかなと。

終わった後、できればこういった代走は勘弁してというお願いはしますがね。

言い訳がましいですかね。
スパッと禁止行為にして、代走を受けない方が良いですかね?

正直なところ、
店としても困る行為なんで、こうしたら良いという方法あれば、教えてください。
良い案があれば、考え方を変えます。

あと、禁止行為ってルール表に書いてある店で、
そういったリーチ代走を頼まれたら、
お店側はどういう対応をしているのか、聞いてみたいです。
手牌透けても、「禁止行為です。」と言って受けないのか、
それとも、渋で受けて、後で注意するのか、など聞いてみたいです。

Twitter登録は、以下からお願いします。



人気ブログランキングに登録しています。ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。

麻雀 ブログランキングへ
















posted by トンキチ at 21:19| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする