2017年01月06日

同一大学、専門学校に所属する仲間同士でのセット無料(条件あり)【リツイートいただけると嬉しいです】

以下の条件を満たす場合、セット料金を無料といたします!
何回でも、何時間でもご利用いただいてOKです。
但し、同一時間帯2組まで。また、他に予約がある場合、予約を優先します。

条件
1.同一の大学(大学院も可)または専門学校に属すること
※大学生と大学院生のセットも同一大学であればOK
2.お店が発行するセット無料券をセットをする4名ともが持参すること
※セット無料券の発行ルールは下記。
3.4名のうち最低1名が澤田とラインでつながること

セット無料券の発行ルール等
1.フリーを1ゲーム以上遊戯すること
2.無料券は発行した日の月末まで有効
※1月10日に発行した場合、1月31日まで

セットご利用時は予約して利用いただくことをお勧めします。
キャンセル料はかかりませんが、無料だから、毎日予約などといった利用はお控えください。

とりあえず、1月限定のサービスとさせていただきます。
利用状況等を考慮し、翌月以降継続するか、考えます。

皆様のご利用をお待ちしております。

Twitter登録は、以下からお願いします。



人気ブログランキングに登録しています。ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。

麻雀 ブログランキングへ
















posted by トンキチ at 16:43| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福地誠氏 現代麻雀押し引きの教科書を読んで



正月はのんびりと何もしないつもりだったんですが、
あまりに時間があったんで、
ツイッター等で評判の良かった福地誠氏の押し引き本を購入して、読んでみました。

確かに、良いわ。分かりやすい。
押し引きという微妙な部分がよくまとめられています。
また、法則という形で類似状況で再現できるような工夫がされています。

フリー負け組の方は読んだ方が良いと思います。

ただ、本の中身に批判は無いのですが、
ツイッター等でこの内容をマスターしたら、
フリーで勝ちまくれるレベルとかいうツイートを見たんですが、
そんなに甘くねーだろとは思います。

いろいろな例題の答えですが、見解に私と福地氏であまり差異が無いんですよね。
微妙かなとか違うんじゃないのと思ったのは、大体、
福地氏も微妙と言っていたり、最後の章のお二人が違う打牌を選択したりしていました。
(はっきり違うと思い、今も違うと思うのは1問だけでした。)
フリーでそれなりに打っているレベルの人(うぬぼれかも)は、みんなこのレベルはあるのかなあと思います。

押し引きで、僕が踏み込んで知りたいのは、
(押し引き本でも、後半少し触れられていましたが)
この局面で押すかどうかという部分ではなく、
この牌を押せるかどうかという部分です。
(序盤に切られた牌のマタギの話とか愚形ターツが捨てられたケースの良形率の話はありましたが。)
そういう部分にまで踏み込んだ押し引き本が出版されれば、読んでみたいなと思います。



Twitter登録は、以下からお願いします。



人気ブログランキングに登録しています。ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。

麻雀 ブログランキングへ
















posted by トンキチ at 14:44| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする