2017年02月16日

女流プロをあまり呼ばなくなった理由(後編)





女流プロをあまり呼ばなくなった理由(前編)

女流プロをあまり呼ばなくなった理由(中編というか補足)

一連の女流プロの記事にて、誤解を生んでいる部分があるんで、加筆します。

女流批判だという根強い意見に対する反論や僕の立ち位置の説明とか

ここ数日、上のリンクにあるような記事をアップしました。
批判も少なくなかったですが、両記事とも多くの方にお読みいただいたようです。
ありがとうございます。

ただ、予想を超える方に読んでいただいたため、少しハードルが上がり過ぎました。
正直なところ、何人かの知っている女流プロに意見を聞いて、
完全否定じゃないものの、難しい旨の返答をいただいていますし、
僕自身、それほど凄いアイデアだとも思っていないんで。

でも、予告しちゃったんで、書きます。

遊図で女流プロを結構な頻度でゲストに呼んでいた時って、
通常営業と同じ流れ(ルールやシステム)で、卓に入ってもらってました。
来店したお客様に同卓を希望するかどうか聞いて、
同卓を希望する方には、できるだけその女流プロと同卓できるように配慮して卓組みしていました。

結果として、前編、中編で書いた通りですが、以下のようなことに気づきました。
1.女流プロと同卓希望のお客様が多く来た場合、
同卓を希望しているにもかかわらず、同卓できなかったり、同卓できる半荘回数が少なかったりするケースが起こる。
2.ゲーム代が安い雀荘の場合、1卓稼働が増加しただけでは、ゲスト料がまかなえない。一方で、2卓以上稼働が増加すると、1の問題が発生する。
3.通常営業と同じ形で営業しているにもかかわらず、通常営業とは違う価値観や考え方を持ったお客さんが来店する。

解消策を考えていきます。

まず、1です。
女流プロと同卓できる人数は、同一時間帯では3名までです。
ならば、完全予約制にすれば良いのではなかろうかと。
例えば、12時〜21時の9時間、お店にいてくれる場合、3時間で区切って、
12〜15時 3名(14時45分以降新しいゲームに入らない)
15〜18時 3名(17時45分以降新しいゲームに入らない)
18〜21時 3名
という形にします。
こうすれば、お店の従業員の対応(あえてぼかした書き方してます)も減るので、お店の人件費コストも通常営業とあまり変わらない。

次に、2です。
上で書いたような対応をするとお店の売り上げや利益は、以前より落ちます。
2卓以上の稼働増加が見込めませんので。
そこで、
(ゲーム代という名目で料金を頂戴するかということは置いておいて)
ゲーム代を上げさせていただいてはどうかなと。
例えば、1G700円とか。
こうすれば、例えば、1時間で1.5ゲーム消化できるとすれば、
700円×1.5ゲーム×3人=3050円
の売り上げになります。
これであれば、女流プロの方のゲスト料を(ゲストによりますが)賄うことができます。
超人気プロでこの設定で賄えなければ、ゲーム代の設定を変えれば良いでしょうし。
また、ゲスト料安めで良いよと言ってくれる方がいれば、もう少し安い設定にしても良いです。

繰り返しになりますが、完全予約制というシステムがうまく機能すれば、
この卓に対する従業員の対応(あえてぼかした書き方してます)は減るので、
この売り上げの大半を女流プロに渡せます。
卓使用料+ドリンクなどの経費は、欲しいですが、
従業員の労力はあまりないので、今までのやり方より、利益は薄くても全く問題ありません。

次に、3です。
完全予約制なんで、通常営業のお客様をその卓にご案内することがありません。
だから、ルールやRなどもその時々で設定すれば、良いかなと。
僕が設定するというよりも、女流プロ自身が自分のお客さんの平均像を考えて、
ルール等を決めれば、良いのかなと考えています。
今後、通常営業のお客様として定着してもらうことを考えれば、
違うルールで営業するってあり得ない選択ですが、
通常営業に来店する方々と求めているものは違う方が来店している、
だから、リピートはほぼゼロでOKと完全に割り切れば、
別に良いのかなと。

やってることと言えば、女流プロが自分の集客力使って、
当店でセットしてるようなイメージです。
ただ、予約の対応やゲーム代の徴収などを店がやることによって、
個人情報をお客さんにさらさなくて良いです。
また、個人の完全プライベートのセットなら、報酬取りづらいですが、
この形だったら、取れます。

過去のいろいろな気づきや反省点踏まえて、上に書いたような考えを持っています。

ただ、話ができる女流プロ数人に意見聞いたんですが、
正直なところ、うまく機能しそうかというと、微妙なんですよね。

女流プロの方々にいただいたご意見を下記します。()内がそれに対する、僕の感想。
1.他の店にもゲストや専属で行っている。そのお店に行けば、そのお店の通常営業のゲーム代で同卓できる。わざわざ、高いゲーム代を払って、来るかな?
(必ず同卓できるって部分で解消できないですかね。)
2.(これを返答しているのは、まずまずの人気プロです)1とも絡むんですが、全ての時間帯で3名ずつの集客って、結構、ハードル高いので自信がない。
(やってみて、ダメなら、価格変更するか、時間変更すれば良くないですかね。ちょっと恥ずかしいか。)

機能しませんかね?

セット料金格安で営業してます。
機会あれば、ご利用いただけませんか?
【セット様向け料金(パック制)】
4時間パック:学生450円、一般 600円
6時間パック:学生600円、一般 800円
9時間パック:学生700円、一般1000円









Twitter登録は、以下からお願いします。


posted by トンキチ at 16:42| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女流批判だという根強い意見に対する反論や僕の立ち位置の説明とか





女流プロをあまり呼ばなくなった理由(前編)

女流プロをあまり呼ばなくなった理由(中編というか補足)

一連の女流プロの記事にて、誤解を生んでいる部分があるんで、加筆します。

ここ数日、上のリンクにあるような記事を書きました。
賛否あるのは当たり前ですし、構わないんですが、
「間接的な女流批判だろ」とツイートされることが心理的にキツイです。

批判しているだろと言われている一番の部分は、
常連にゲストのいる卓がうるさいと言われたことがあるって部分だと思います。

ただ、きちんと読んでいただければ、お分かりいただけると思いますが、
女流プロは、一生懸命集客してくれた。
だから、いらっしゃったお客さんと会話せざるを得ない。
来店したお客さんもそれを目的にしている部分がある。
時には、いき過ぎて、うるさくなることもあるだろうけど、仕方ないよな。
と書いていますし、それが本心です。

一方で、通常営業に来ているお客さんがそういう会話が気になる、時には、うるさく感じるというのも自然な感情だよなと。

本来であれば、距離を離すとか来店時間ずらすとか対策をうてば良いんですが、小さいお店なんで、難しいよなっていうのが僕の結論です。
基本的には、仕方ないよなと。あえて言えば、対策うてない店が悪いよなって感じ。

どこに女流を批判している要素があるのか、本当に分かりません。

お店のキャパを超えるような集客をしてくれた方
もう何年もゲストとして呼んでいないのに年賀状をくれる方
いまだにラインやDMで分からないことや紹介して欲しい人を聞いたら返事くれる方
ノーレート始めた時、ご本人には関係ないのに告知してくれた方
今でも、セットで使ってくれる方
等々、こういった方々を批判しようとは、全く思っていないです。
思ってないというか、思う訳が無い。

でも、言えば言うほど、間接的に批判してるんだろと言われると、キツイものがあります。

話変わります。
「優良店の優秀な経営者が語るんなら分かるけど、なんでお前が語ってるんだよ。」
というご意見について。

謙遜とかでなく、僕は自分で自分のことを優秀な人間だとこれっぽっちも思っていないです。
上の意見のような印象を与えているのなら、不愉快な思いをさせ、申し訳ありません。
でも、それは、誤解です。

特に、接客能力と言いますか、人に好印象を持たれるタイプではありません。
また、リーダーシップと言いますか、人を動かす力のあるタイプの人間ではありません。
要は、神輿の上に立つ人間じゃないです。
なにより、遊図をやり始める前には、雀荘経営は全くの素人でよく分かっていませんでした。

いろいろな経緯の中で、お店の代表者になっていますが、今でも適任者ではないと思っています。
優秀で僕から見て信頼できる人がいれば、いつでも店長業務をしてもらいたいと思っています。

書いても良いかなと思う経緯を書きます。

遊図の場所は、従前から雀荘でした。
いろいろな理由、一番は売り上げ減でクローズせざるを得ない形になりました。
僕はそこの客でした。
僕自身、その雀荘に思い入れもあったんで、5年前に僕がその雀荘を購入して、店名を変えて営業を始めました。
僕の思いは、(カネは嫌いじゃないですが)カネではなく、何の縁か分からないけど、お店に集っている人(従業員、お客さん)が一定数いるなら、集う場所を無くしたくないよなという思いです。
この思いは、今でも変わりません。
従前の経営者を店長(責任者)にして、大きく色が変わらないようにして、スタートしましたが、
まあ、いろいろあって、その人物は、今いません。
僕は、上で書いた通り、リーダーシップや接客力に自信ありませんから、
本当は、責任者は、誰か適任者に任せて、僕は裏方に徹したいんですが、
いろいろな面で安心して任せることができる人がいないですし、人件費圧縮したいというニーズもあるんで、僕がやむなく店長みたいな立ち位置にいるという感じです。

今でも、トラブルは少なくないですし、
売り上げも高位安定している訳ではありません。
正直なところ、ギリギリのところで経営してます。
押し出された形とはいえ、僕が代表者なんで、判断したり、指示出したりしますが、
判断や指示を迷うことは今も少なくないです。
でも、来てくれるお客さんがいて、極端な経営不振にならなければ、集う場所をつぶしたくはないという思いは今も強いです。

ブログにお店のことを書く理由は、いろいろありますが、
その中で比較的大きな理由は、
上で書いた通り、判断を迷う部分が多いんで、外部の意見を聞いてみたいからです。

僕が優秀な経営者だとうぬぼれていて、ブログを読む方に教えてやるぜ
といった立ち位置ではなく、
僕自身が優秀ではないことを自覚していて、判断に迷うんで、意見を教えてください。修正ポイントはないか教えてください。
といった立ち位置です。

だから、前編は前ふりとして、僕が思っていることを書きましたが、後編は、案に対する意見くださいって形にするつもりです。
とはいえ、女流批判と言われるのがキツイんで、もう書かないかもしれないですが。

ご理解いただけますかね?








Twitter登録は、以下からお願いします。


posted by トンキチ at 03:36| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする