2017年06月28日

ツイッターについての雑感






ご存じの通り、ツイッターを利用してます。
ツイッターがきっかけでお店に来店してくださった方もいらっしゃいますし、
それをきっかけにして、定期的に食事にいったり、遊びに行ったりする関係になった方もいます。
ツイッターが無ければ、明らかにつながることが無かったであろう人がかなりいます。
人とのつながりを増やすことができたんで、ツイッターを利用して良かったなあと思っています。

一方で、悲しくなるというか理不尽だなと思うケースもあります。

そこで、どういったケースって言う前に、僕のツイッターに関する考えを書きたいと思います。

ツイッターには、いろいろな使い方や役割があると思いますが、
僕は、メインな役割(まあ、他にはない魅力と言っても良い)は、「情報の拡散」と「議論、意見交換」だと思います。

まず、「情報拡散」という部分について。
ペットのかわいい画像をみんなに見てもらいたい。
面白いイベントやサービスをやっているお店があるんで紹介したい。
昨日食った寿司が美味かったんで、いろいろな人に教えたい。
など、いろいろあるでしょう。
知って欲しい、教えたいという理由でツイートする。
それを見た方が共感できれば、リツイートして、情報が広がっていきます。
共感という言葉は、
「面白い」「お得だ」「かわいい」「知らんかった」などプラスの感情で使っています。
逆に、少ないと思いますが、マイナスの感情の場合もあるでしょう。
「コイツアホか?」「何言ってんの?」みたいな感じに思ってのリツイートです。

プラスの感情、マイナスの感情いろいろあるでしょうが、
自分が発信した情報が広がるというのがツイッターの役割、魅力でしょう。

次に、「議論、意見交換」ということについて。
自分が発信したツイートに対し、意見をもらうことがあるでしょう。
それが発展し、意見交換となることもあるでしょうし、
どちらが正しいかという形で議論になることもあるでしょう。
こういった意見交換や議論は、周りの方も見ることができるんで、
人を巻き込みながら、大きなものになっていくこともあるでしょう。

意見交換や議論が発展していく過程で、
言葉が過激になったりして、誹謗や中傷になることも間々見受けられます。
良いことだとは思いませんし、見ていて愉快なものではないですが、
対面の議論でも言葉がきつくなることはあるんで、僕は、これは許容できます。

こういったツイッターに関する僕の考えを踏まえ、
ここからが、僕の言いたいことなんですが、
「ブロックした状態でディスられても、情報がどう拡散してるのかも分からないし、議論にもなんにもならない。」
ということ。

感情が入り過ぎて、誹謗中傷した、ディスった。
でも、ブロックされてたら、誹謗中傷されても、分からない訳ですよ。
また、
その誹謗中傷に対して、(そもそも何を言われたか分からないので)事情の説明もできませんし、
理不尽な言いがかりや覚えに無いことであっても、抗弁もできません。
ブロックしての誹謗中傷は、ただの誹謗中傷で、
議論や意見交換において、感情が入り過ぎての行き過ぎの言葉とは全く違います。

情報の拡散という意味でも、自分が発信したものに対し、
プラスの感情、マイナスの感情を伴いながら、情報が拡散していくというのは分かります。
ブロックされてなければ、
マイナスの感情の言葉が添えられていても把握はできるんで、
「そういう意図では無かった」といった言い訳や理由説明、誤解があれば、補足や訂正ができます。
これがブロックされてるとできない訳です。

そもそもの話ですが、ブロックって、
「テメーと関わりたくない」
「テメーの話は聞きたくない」
って感情でする行為でしょ。

なんで、ブロックしてブロックした相手をディスりまくるのか、理解できないですし、
フェアな行動だとはとても思えません。
繰り返しになりますが、ブロックしてのディスは、ただの誹謗中傷でしかない。

情報が拡散する過程、議論が発展する過程で
攻撃されたり、マイナスの感情の言葉が発せられることは分かりますが、
ブロックした状態でなされるディスは誹謗中傷にしかならないと思うので、ディスるならブロックは外すべきだしブロックしたならそのまま関わらずにいればいいだけなんじゃないかなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学生の打ち子募集してます。「タダで麻雀したい!」という学生の方、ご応募ください。
学生の打ち子募集【リツイート大歓迎です】








Twitter登録は、以下からお願いします。

3
+6
posted by トンキチ at 00:56| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

ゲスト情報 あっさじーん氏 7月9日(日) 来店予定






ゲスト情報です。

7月9日(日)に、あっさじーん氏がゲストにて来店します。

来店時間は、未定です。
(追って、ブログにて公表します。)

皆様のご来店をお待ちしております。
差し入れも大歓迎です。

なお、あっさじーん氏の求職活動により、中止となることもあります。
ご了承ください。
(中止の場合、できるだけ早くブログにて連絡します。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学生の打ち子募集してます。「タダで麻雀したい!」という学生の方、ご応募ください。
学生の打ち子募集【リツイート大歓迎です】








Twitter登録は、以下からお願いします。

3
+6
posted by トンキチ at 00:43| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

麻雀をコンテンツとした情報商材商法に対する雑感






まず、最初に明言しておきますが、
僕がブログに書いたことに対する批判や質問などには、
気づいた範囲でお答えする努力はします。
また、明らかな誤認があれば、訂正も謝罪もします。
しかしながら、僕の職業を理由とする批判、具体的には
「雀荘の経営者が何言ってんだ。。。」
という批判にはお答えしません。

ここ数日、麻雀関連のTLを賑わせている話題があります。

独歩氏がサイト内にある動画に出演しているサイトが出現しました。
今は、削除されていますが、アドレスは以下
賢者の麻雀
メールアドレスを集めようとするサイトでした。

このサイト経由でメールアドレスを教えた後、どういったことが起こるのかは、よく分からないですが、
1.いわゆる情報商材ビジネスの手法であったこと
2.あるゴルフ関連のサイトの作りと酷似していたこと
3.法令上満たすべき手順を踏んでいなかったこと
4.問題があり削除したと思われるのですが、既に収集したアドレスをどのように取り扱うのかという説明がないこと
等から、炎上していました。

僕の考えを。
1について。
情報商材を取り扱ったビジネスで詐欺やそれに近いことが少なくないことは事実だと思います。
しかしながら、優良なコンテンツもあることも事実です。
情報商材を取り扱ったビジネスが詐欺と言われることがあるのは、
価格に対して、コンテンツの中身が薄いからというのが大きな理由だと思います。

今回の独歩氏が出演している動画の一部が貼ってあったサイトを見る限りですが、
コンテンツの中身が薄いということは無さそうに思えました。
独歩氏の雀力は多くの方が認める通りですし、
(それなりの個数の)いくつかの項目に分けて解説などをしているようでしたし、
動画などを使って、分かりやすくする工夫もしているようでしたから。

だから、詐欺だなんだという意見については、「どうなのかなあ?言いすぎじゃないの。」と思います。
何をどういう方法で売ろうとしていたのかはっきりしないんで、何とも言えない部分は残りますが。

2について
知人がそれなりにコンテンツのある情報商材をリーズナブルな価格で売っています。
その知人に聞く限りですが、情報商材を取り扱う方々の常識というか一般的な手法として、
サイトやセールスレターを真似るということはよくあることのようです。
よく売れるサイトやセールスレターは、
それをベースに他の商品を売っても売れることが多いからです。
また、著作権などが認められにくいなどの理由もあろうかと思います。
ゴルフのサイト運営者と同じ方が今回のサイトにも携わっているのか、
それとも、この業界特有の真似るという行為をしたのかは不明ですが、
この業界の常識としてよくあることのようです。
よくあることだから、良いのかと言われると微妙ですが、
著作権の有無がはっきりしないサイトやセールスレターを真似るという手法を大きく攻めることは難しいのかなと思います。
ただ、確認してないですが、利用者の声的な部分を真似していたとしたら、その部分は別ですが。。。

3について
これについては、いろいろな方が指摘している通り、お話にならないと思います。
特商法に関する表記に関する部分や個人情報の取り扱いなどに関する部分です。
これらは、ネットでビジネスしている人間にしたら、常識中の常識です。
ぶっちゃけ、ネットビジネスの初心者向けの本ですらほぼ載ってる部分だと思いますから。

担当者同士の連絡ミスで不完全なものアップしたみたいな言い訳してましたが、
さすがに答弁としてキツイでしょ。
だって、アップ前に責任者確認してアップすると思いますし。
しばらくの間、ネットに存在した訳ですし。
まあ、責められても仕方ないですねと思います。

とはいえ、たぶん、独歩さんは、ネットでモノや情報売るという行為の経験がほとんどないんだと思います。
だから、パートナーみたいな人がいたんだと想像します。
その方がビジネス部分を担当して、独歩さんがコンテンツ作りの部分を担当したんだと勝手に想像してます。

僕の想像が正しければですが、
独歩さんが気の毒に思えますね。
組む相手が悪かったとしか思えないです。

組む相手が大した経験もないのに、俺に任しとけ的なことを言い、独歩さんが鵜呑みにしちゃったのか?
自分が前面に出ないことを担保した上で、適当に対応したのか?
真相は、よく分からないですが、僕は独歩さんに同情しちゃいます。

ただ、そういういい加減な奴と組んでしまったという部分については、責任あると思いますけどね。

4について
これは、説明しないとね。
アドレスだけ集めて、サイト消したっていう最悪なパターンなんでね。
文句を言おうにも、サイトが無いし、サイトに本来表記されているべき、運営者の情報も無いんでね。

副業禁止規定のある会社に勤める方の副業だったり、表に出たくない理由があるのは分かりますが、
いろいろな方に迷惑かけた以上、
集めたアドレスをどうするかなどの今後の対応
事情説明や本来やるべきことをやっていなかったことの謝罪くらいはすべきなんじゃないかなと思います。

逆に言うと、
きちんと説明と謝罪さえすれば、コンテンツ自体は、魅力的に見えましたんで、再販しても良いんじゃないかなと思います。
たぶん、動画無料で配って、メールで教育して、麻雀関連のDVDや個人指導などのサービスを売ろうとしていたんだと思うんで。
違いますかね?

感想書いた瑞原プロやコンテンツ作りを担った独歩さんが、
一定の説明をしているのもかかわらず、
全体像や今後の対応をきちんと説明しない本来の運営者は好きになれないですね。
ちょっと卑怯です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学生の打ち子募集してます。「タダで麻雀したい!」という学生の方、ご応募ください。
学生の打ち子募集【リツイート大歓迎です】








Twitter登録は、以下からお願いします。

3
+6
posted by トンキチ at 13:21| Comment(2) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする