2013年12月29日

アガリ連荘、テンパイ連荘 ゲーム性の違い

ここ最近、空き時間には、いろいろな雀荘に行くようにしています。
参考になる部分もあると思いますし、違う雰囲気で麻雀したいっていう純粋な遊びの部分もあります。

これから書くことは、決してお店の批判ではなく、麻雀というゲームについて書いただけです。ご理解ください。特に、●店のことだろといった批判は、的外れですし、返答もしないので、あしからず。

いろいろな雀荘に行くと、当然、ルールの違いがあります。
ルールの違いはあって当然です。お店ごとに考え方やお客様の層も違うので。

ただ、私の個人的な感想ですが、アガリ連荘か、テンパイ連荘かって部分は、面白さに大きく関わってきます。
はっきり言って、アガリ連荘は、面白くないっす。

面白くない理由は、以下の2つ。
1.テンパイ連荘の場合、親は(カス手でも)ギリギリまでテンパイを狙って、粘ることが多く、自分が親の場合はもちろん、子でも、終盤まで緊張感のある場合が(アガリ連荘と比べると)多い。
2.オーラス時、自分がダントツでも、テンパイ連荘の場合、親の連荘でまくられることがあり、完全な見物とはなりにくいですが、アガリ連荘の場合、見物しようかって感じになることが多い。

私は、やっぱ前に出る((さばきも含め)アガリにいく、テンパイを取りにいく、等)時が面白いので、
アガリ連荘は、面白みを削っただけに感じます。
アガリ連荘の方が、面白い部分ってあるんですかね?

雀荘業界の方とする話で、
ゲームを早く回すためにどうすれば良いって話があります。
その中で、アガリ連荘って、出てくるアイデアのひとつです。
でも、ゲーム性を損なってまでやりたくないんで、今までアガリ連荘にはしてませんし、
考えが変わるかもしれませんが、変えるつもりも無いです。
でも、アガリ連荘の方が面白い部分があるなら、その考えも変えても良いかなと思っているんですが、
アガリ連荘の店で遊んでみて、アガリ連荘の魅力が全く分かりませんでした。

繰り返しになりますが、アガリ連荘の方が、面白い部分ってあるんですかね?
あれば、教えて欲しいです。

Twitter登録は、以下からお願いします。



人気ブログランキングに登録しています。ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。

麻雀 ブログランキングへ











posted by トンキチ at 10:59| Comment(3) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
麻雀レベルが低い所では、テンパイ連荘にするとゲーム性が維持できなくなる、という問題がありますよ〜。特に地方雀荘がそうですが、ゲーム回しが稚拙な所では親が流れにくくなるので、アガリ連荘にしないと半荘1時間コースになりますw

アガリ連荘はあまり好きではないのですが、しいて言うなら、シビアなダマテンの部分はけっこう面白いかもw この部分は競技麻雀好きの人には特に受けがいいそうです。

ノーレートフリーや競技麻雀ルールフリーが増えてくれば、ひょっとしたら、アガリ連荘ルールが見直されるかもしれませんね。

Posted by at 2014年01月06日 14:56
アガリ連荘はスピーディになり、単位時間あたり半荘をたくさん打てるメリットがあるのでゲーム代以上勝てる人間にとっては面白いと思います。ゲーム性としては中〜終盤の親のダマかリーチかの選択の難易度が上がり、かつそれに対する子の対応も難しくなるため面白い部分もあると思います。なおどんなクズ手だろうがノーテン罰符がある以上ギリギリまで粘るのは聴牌連荘でもアガリ連荘でも変わりません。
Posted by 雀オタ at 2014年01月07日 11:01
いつもブログを楽しく読ませていただいています。アガリ連荘は半荘の総局数が減るため1局の密度が濃くなります。そのため1つの小さなミスが命取りになり気を抜ける局面はありません。また微妙な判断を迫られることが多くそこが面白いといえるかもしれません。←たとえばオーラスノーテン、テンパイで順位が変わる局面の終盤で親のリーチがかかっている局面など。
自分も昔テンパイ連荘のお店でしか打ってなかったときはアガリ連荘はおもしろくないと思ってましたが打ってみてなれると緊迫する局面が多く、思っていたものとは違っていました。今ではどちらも違った面白さがあり、楽しく打てています。
Posted by 福地先生のファン at 2014年01月09日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。