2017年02月20日

完全予約制の女流プロゲストデーについて(案)






女流プロをあまり呼ばなくなった理由(後編)
先日、上のリンクにあるような記事をアップしたところ、たくさんのアクセスをいただきました。

その記事内に書いた通り、何人かの女流プロに意見を聞いたところ、
やや難しいという感じのご意見をいただいています。

一方で、ブログを読んだ方(お客様側)の反応は、良い反応もありました。

とりあえず、以下のような活用方法もありますよということを書いておきます。

1.デビューしたての女流プロ等。知名度、集客力ともあまりないので、ファンを増やしたいとか。
1G700円の設定としましたが、例えば、通常営業の1G300円より安い1G100円とか200円などでもOKです。
もちろん、リンクの記事に書いたようなゲスト料にはなりません。
※お金面は、相談で。まずまず、気風の良い対応するつもりです。
多くは無いですが、ツイッター上1600名弱のフォロワーがいるんで、お店として、一生懸命集客します。
集客できなかった場合は、お店が嫌われ過ぎたせいにして、中止にしましょうw

2.ブログでは、女流プロを例にしましたが、男性プロやその他の方でも
別に集客さえできれば、女流プロでなくとも構いません。
雀荘ゲストに呼ばれにくいけど、コアなファンがいる古豪男性プロとかでも成立しないかなと思っています。

3.集客力に超絶自信があるプロとか
1G700円の設定で書きましたが、例えば、1G2000円とかの設定をすれば、
通常の流れで雀荘のゲストするより、収入になるかと思います。
この場合、ゲーム代という名目ではなく、違う形でお金をいただく形にならざるを得ないと思いますが。

ダメかいのう?








Twitter登録は、以下からお願いします。


posted by トンキチ at 21:52| Comment(0) | オーナーより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。